毛じらみ症{皮膚の毛根にいすわる寄生虫が起こす激しいかゆみ}

虫めがね

毛じらみという性病はとてつもない痒みを生じます。

今回は、そんな毛じらみの病気の対処法に関して紹介いたします。

毛じらみの病気の症状ですが、かなり激しいかゆみに襲われます。

基本的に毛じらみというのは、性器にシラミが増殖して発症する病気なので、強いかゆみが特徴なのです。

発生する箇所は、男女とも同じで、性器周辺の毛の部分に発生いたします。

つまり、毛や汗、ふけといったシラミの食料になる物がある部分に発生します。

シラミが住むことで血が吸われ、それど同時にかゆみ成分が皮膚に注入されます。

その結果、強烈な痒みが発生するのです。

感染経路は、毛の接触によるシラミが感染者の体に乗り移ることによって感染いたします。

一番は、痒みがある時点での肌の接触は避けるのが基本なのです。

検査方法ですが、患部を視診で行い、実際に皮膚患部から毛じらみがいる卵や原虫がいることを確認したします。

他にも性器に違和感を感じる場合は性病検査を受けることをおすすめします。

次に、実際に性行為や肌の接触があるとされる期間を聞いて調査いたしたします。

ここで、注して欲しいのは患部の感染の箇所の症状が現れるのに、一ヶ月から2ヶ月以上はかかります。

病院に行く前にこうした接触機会があったらどうか事前に調べてくといいでしょう。

また簡単に他人に感染するので、自覚症状が出た場合は、早急に対応するようにして下さい。

治療法ですが、実際に使用する薬剤は、フェノトリンパウダーやフェノトリンシャンプーを使用して、患部の消毒を図ることです。

基本的に患部の感染がみられた場合には、原虫の存在や卵がなくなるまで根気強くシャンプーを使用して治療を行っていきます。

対処法としては、陰毛以外に枕や布団カバーといった箇所にシラミがいることが多いので、シーツのクリーニングをすることが大切です。

また、患部以外の箇所の感染が無いこともしっかり確認するようにして下さい。

毛じらみの場合は、陰毛に多く原虫がいるので、コンドームよりも石鹸等で普段から陰部を清潔にしている方が効果的です。