診察室

まさおまさお

ニュースで見たけど、梅毒感染者が増えてるんだってね。

よしおよしお

感染者のデータを見ると同性愛者の男性の感染者が多いな。

ところで、梅毒ってどんな病気なの?

先生先生

梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) と呼ばれる病原体が感染することで発症する病気なんだ。

現在では適切な治療を行えば完治するんだけど、一昔前までは感染を放置すると完治しない恐ろしい病気だったんだ。

まさおまさお

どんな症状が出るの?

症状は4段階で進行しながら発症し、感染後約1週間から13週間で発症するんだよ。

  1. 1期 感染後3週間 – 3か月の状態。

    1期目の症状は、1個から数個、口、肛門、性器、足の付け根のリンパ節に豆粒大のしこりができる。

  2. 2期 感染後3か月 – 3年の状態。

    2期には、全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠感、関節痛などの全身症状が出る。
    赤い目立つ発疹やウミを持つ湿疹が手足の裏から全身に広がり、顔面にも現れる。

  3.   

  4. 潜伏期 前期潜伏期:第2期の症状が消えるとともに始まる。

    潜伏期が始まってからの2年から3年間は、第2期の症状を再発する場合もある。
    潜伏期が、数年から数十年経過する場合もあるが、この期間は感染力を持たない。

  5.  
      

  6. 3期 感染後3 – 10年の状態。

    皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生する。
        

     

  7.   

  8. 4期 感染後10年以降の状態。

    多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経を侵され麻痺性痴呆、脊髄瘻を起こし(脳(脊髄)梅毒、脳梅)、死亡する。

よしおよしお

どうするとうつるの?

先生先生

アナルセックス、フェラチオ、愛撫などで、性器、口、肛門の皮膚や粘膜から侵入し進行により血液内に侵入するんだよ。

まさおまさお

どうすれば防げるの?

先生先生

感染経路である、感染者のできものや化膿した部分に触れない、相手の血液、精液と自分の口の中、アナルの中などと接触させない。

つまり、完全ではないけどコンドームを装着することは有効なんだ。

よしおよしお

どう治療するの?

先生先生

抗生物質(ペニシリン)を服用または注射により治療がなされるんだ。

難治かどうかは感染からの経過日数、つまり性病の進行程度により変わるんだ。

初期(2年以内)に治療を始めれば、2~4週間の治療で完治するんだけど、潜伏期以降では完治が難しくなるんだ。

まさおまさお

いつからセックスできるの?

先生先生

医師により完治が告げられるまでは、安全なセックスを心がけましょう。

治療は4~8週間で一区切りとなり、その後半年ほど定期的に検査をして経過観察となります。

よしおよしお

どのように検査するの?

先生先生

血液を採取して病原体の有無を確認するんだよ。

検査は感染してから2~6週間経過してから検査を受けましょう。

検査ができるのは、皮膚科、泌尿器科、婦人科、性病科といった診療機関で検査することが可能な他、郵送検査でも検査を受けられるんだよ。