HIV感染症からエイズ発症{主な感染経路は、性行為による感染、血液を介した感染・母子感染の3つ。}

注射器

エイズという病気は、HIVウイルスによって感染する免疫不全症候群の事を指します。

今回は、その感染した時の症状と検査方法、治療法、予防法に関して紹介いたします。

エイズの病気の症状は他の性病に比べて大きく異なることを覚えておきましょう。

エイズの原因菌であるHIVが体内に侵入すると、急性症状として発熱、リンパが腫れる、喉頭炎、頭痛、下痢といった症状が出ます。

しかし、これらの症状は一般的な風邪と勘違いされやすいので、発症しているかどうかさえ気づかないというのが現状です。

その後放置しておくと、体内の免疫細胞で抗体を作るのに市場うような役割をしているT細胞の破壊が始まります。

その結果、体外から入ってきた細菌やウイルスに対して、一番有効的な免疫を獲得することができなくなり、体全体の免疫の力が弱くなるため、通常では感染しないような弱い病気にも感染するようになってしまい、人間を死に至らしめるのです。

感染経路ですが、感染経路は3つ存在し、血液感染、母体感染、性交による感染とされています。

血液感染は、エイズウイルスが含まれている血液を、注射等によって体内に入れてしまう場合です。

母体感染は、母親がエイズに感染している場合に、出産時に胎盤の破壊によって、赤ちゃんに母親の血液がわたってしまい感染する経路です。

性交感染はセックスによる感染ですが、性器同士の接触よりも、オーラルセックスでの感染の方がリスクが高く危険とされています。

検査方法ですが、性交をした後の2週間後に血液検査をすることによって、エイズウイルスが感染したことによって発生する、成分を血液検査を行うことによって発症をしているかどうかを確認するのが有効的な手段です。

HIVの感染が疑われる場合は、検査を受けるようにしましょう。

治療法ですが、エイズウイルスが体内の免疫の量を減らさないように、抗エイズウイルス薬を数剤同時に飲む治療を行います。

しかし、ウイルス自体をやっつける、もしくは追い出すことはできないので、一度感染したら一生飲み続ける必要があるのです。

予防法ですが、性交での感染が非常に増えている要因に、精液や膣粘膜といった部分にエイズウイルスが多く分布しているので、コンドームを使用するのが一番効果的な手段です。