性感染症の感染リスクが高まる行為と理由

性感染症と聞くと、何だか人ごとのような気がしますね。
そこが実は大きな問題なのです。
最近性感染症は増加しており気づかず、妊娠、出産に不具合をきたすケースが増えているのです。

その理由は一体なんでしょう。
まず性感染症になる理由は、性交渉です。精液、膣分泌液を介さなければよいので、コンドームをつけていれば、問題はありません。
しかし、色々な理由でつけていないケースが多いのです。

また性交渉もアナルセックス(肛門で行うもの)オーラルセックス(口から性器へ)と
単純な性交渉だけではなくなってきました。
同性間のセックスなど形も多様化しています。

性感染症は昔から梅毒、淋病などが恐れられていました。
しかし、近年は増加を続けるクラミジアを始め、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、カンジダ膣炎、その他いろいろなウイルスが多く発見されています。
これが性感染症が増えた理由の1つです。

もう1つはセックスの低年齢化です。
若い頃から性感染症に対する知識がなく、軽い気持ちで性交渉を持つ人が男女共に増えています。

若年齢層で問題なのは、相手が不特定多数になりがちなことです。性交渉を通じてのウイルス感染なので、相手が多くなるほどウイルスに感染しやすくなります。
またそのウイルスがどんどん別の相手に広がっていくのです。

しかし、こういった現実とは逆に性教育、特に性感染症の教育がしっかりなされていないことにつきます。従ってどこか他人事になってしまうのです。

若い女性に婦人科の敷居は高いものです。
そして本命の彼氏などには、コンドームをつけて欲しいことや、性感染症の心配などを言い出せなかったりします。

そうして例えばクラミジアの場合、自覚がないまま、膣~子宮~卵管と炎症を起こし、
最悪子供が産めない体になっていたりするのです。

性感染症の予防の第一は、性行為にはコンドームをつけること、またアナルセックス、オーラルセックスなども避けましょう。これさえ徹底すればほぼ大丈夫です。

最後に性感染というと「キスもダメなの?」という質問が、エイズなどの場合に多いのですが、性感染症でいう体液は、精液、膣分泌液など性交渉に関わる体液です。
キスも、くしゃみ、汗も大丈夫なのでそこは誤解しないようにしてくださいね。